クリスマスになると、おっパブでオッパイを揉まなかった友人を、思い出す。

大学生の時に男3人で「おっパブ」に行った。冬だった。クリスマス近くだった。3人ともおっパブに行くのは初めてだった

おっパブに入る前の言いようのない緊張感は筆舌に尽くし難いものがあった。そもそも「おっパブ」というのがどういうお店なのか、誰一人として理解していなかった

当時大学生だった我々は、理由もなくおっパブに憧れていたのだ。おっパブが何かも分かっていないのに、「おっパブ行きてえ」が口癖だった。おっパブと言ってみたいだけだったのかもしれない。

おっパブというのは、なんか、おっパイ的な感じのお店なんだろう。それくらいに思っていた。とにかくおっパイ性の高い、おっパイ味の溢れる、おっパイ的なお店。おっパブ♡

我々にとっておっパブというのは、あくまで抽象的な概念だったのだ

「おっパイ的である」「おっパイ性が高い」「おっパイ味溢れる」というのが具体的にどのような状況を指すのか。それは全くイメージが出来ていなかった。

ある日居酒屋でひとしきり飲んだ後に繁華街をウロウロした我々は、今日こそは本当におっパブに行こうと盛り上がり、意を決してキャッチの兄ちゃんに声をかけた。

「すみません。おっパブに行きたいんですが。」

我々は、「なるべくハードなやつお願いします」と付け足した。一番おっパブなやつお願いしますと念押しした。兄ちゃんは手慣れた様子でお店を我々に紹介した。彼の提案を聞いてフンフン頷いた我々は、満を持して尋ねた。

「ところで、おっパブって何ですか?」

そこで少し変な空気が流れた。当たり前だ。おっパブが何なのかも分かっていない男達が、異様におっパブに行きたがっている。何ならハードなやつを要求してくる。彼らを駆り立てるもの、何ぞ

少し驚いたキャッチの兄ちゃんは、しかしすぐに冷静を取り戻しておっパブとは何なのか、という質問に回答した。
source:http://manato-kumagai.hatenablog.jp/entry/2018/12/25/174103